MENU

人気のAGAオンライン治療まとめ|おすすめのクリニックは?

AGAの原因と種類

薄毛にはどの部分から髪が薄くなっていくのかと、その進行度によって症状を診断されます。薄毛が進むにつれて治療に時間と費用がかかるのが一般的です。

薄毛の種類

AGAは主に「ハミルトン・ノーウッド分類」という分類法によって9つのタイプに分けられます。

https://www.do-s.ne.jp/hair_knowledge/aga/49

AGAの治療が必要な理由

AGAは進行形の病気なので放置すればするほど症状が進んでいき、薄毛が進むほど髪の量を戻すのに時間がかかります。

また、毛根がなくなってしまうスキンヘッドの状態になると治療薬を服用しても毛を生やすことはできなくなります。

AGAの治療方法

薄毛の治療法は様々ですが、医学的に効果が見込めるのは植毛と治療薬の服用・投与の2つです。それぞれの特徴は下記の通りです。

植毛

植毛とは、頭髪、眉毛、睫毛、顎の髭などの毛髪を人工的に増やす手術のことです。主に以下の3つの種類があります。

FUT(Follicular Unit Transplantation): 毛髪の母体部から1本ずつ毛髪を植毛する方法。縫合部が少なく、治癒も早いが、傷跡が残るというデメリットがある。

FUE(Follicular Unit Extraction): 毛髪の母体部から1本ずつ毛髪を取り出し、植毛する方法。傷跡が少ないが、手術時間が長く、費用も高い。

PRP(Platelet-rich Plasma) : 自己血液中の血小板を取り出し、毛髪の母体部に注入することで、自然な毛髪の再生を促す方法。手術時間が短く、費用も安いが、効果はFUEやFUTに比べると劣る。

植毛には、頭髪の増加、外見の向上、自信の増大などのメリットがありますが、手術費用が高く、手術後の治癒期間によっては一時的な毛髪の抜け落ちが発生する可能性があるデメリットもあります。

植毛にかかる費用

植毛手術の費用は、手術方法、所要毛髪数、所要面積などによって大きく異なります。一般的には、FUE手術の方がFUT手術よりも高く、PRP手術はFUEやFUTに比べると安い傾向にあります。

具体的な費用については、医療機関や医師によって異なりますが、FUE手術の場合、1本あたりの手術費用は1,000円から3,000円程度、FUT手術の場合は800円から2,000円程度、PRP手術の場合は30,000円から50,000円程度が相場となります。

ただし、これらの手術費用は日本国内での費用であり、海外では費用が異なることもあります。また、手術費用以外にも、手術後のケア費用や、手術後に必要な薬剤費用もかかるため、予め詳細を確認することが重要です。

クリニックによるAGA治療

AGA は男性型脱毛症で、遺伝的要因と男性ホルモンの影響による脱毛を引き起こします。

AGAの治療方法には、薬物療法、手術療法、光療法などがあります。

薬物療法: ステロイド剤、5α還元酵素阻害薬、栄養補助剤などがあります。これらは、毛髪の根元を活性化し、抜け毛を減らす効果があります。

手術療法: FUEやFUTを用いた植毛があります。植毛によって、抜け毛した部分に毛髪を移植することで、薄毛を補うことができます。

光療法: 低レベルレーザー治療や光フォトダイナミック療法は毛髪の根元を活性化し、新しい毛髪を生やすことができる可能性があります。

これらの治療法は、一般的にはAGAに対して有効な治療方法とされていますが、症状や治療効果には個人差があります。

また、AGAは長期にわたって進行するため、治療を中断すると再発することがあります。そのため、専門医による適切な治療プランの立てが大切です。

おすすめのAGAオンラインクリニック

治療薬は発毛と予防それぞれの効果がある薬を服用するのがスタンダードとなります。

最低限の効果を得られる薬のプランだと安く、薬の効果に合わせて髪や頭皮の栄養素を混ぜたオリジナルの治療薬はその分料金がかかります。

ここでは発毛成分と料金のバランスが良いと感じるクリニックを紹介していきます。

薬物療法による効果が出始める時期や必要な治療期間は?

ステロイド剤: 毛髪の根元を活性化し、抜け毛を減らす効果があります。効果は数週間から数か月で現れ、治療期間は継続的に使用する必要があります。

5α還元酵素阻害薬: デュタステリドフィナステリド(プロペシア)などがあります。これらは、男性ホルモンの働きを抑制し、毛髪の根元を活性化することで、抜け毛を減らす効果があります。効果は数カ月から1年程度で現れ、治療期間は継続的に使用する必要があります。

栄養補助剤 : 髪の毛に必要な栄養素を補うことで、髪の毛を健やかに保つ効果があります。

薬物療法によるAGAの治療では、治療効果は個人差があります。通常は、薬物療法を開始してから数か月から1年程度の治療期間が必要です。

また、症状が改善したとしても、治療を中断すると再発する可能性があるので、長期にわたって継続的に治療を受けることが重要です。

育毛剤は効果ある?

育毛剤は、頭皮の毛細血管の働きを活性化し、毛根の健康状態を改善することで、薄毛を改善することができる可能性があります。

しかし、薄毛の病態は様々で、薄毛の原因が遺伝的、抗髪脱毛症、脱毛症などの病気、ストレス、栄養バランスの悪い食生活、薬物など様々です。そのため、薄毛が改善するのには育毛剤だけでは不十分な場合もあります。

育毛剤は、頭皮の状態を改善することで、毛髪を増やすことができる可能性がありますが、毛髪の根本的な原因を改善することができないこともあります。

また、育毛剤は医薬品としての効能はありませんので、薄毛が改善する保証はありません。また、頭皮にアレルギー反応を起こすこともあります。薄毛に悩んでいる場合は、専門医に相談し、適切な治療を受けることが大切です。

男性の中でクリニックの薬物療法によるAGAの治療を始めた年代が多いのは?

AGAは男性に多く発症し、治療を受けることが多い傾向にあります。

男性の中で、薬物療法によるAGAの治療を始める年代は、多くは20代後半から30代前半にかけて多いと言われています。これは、この年代になると脱毛が顕著になってきて、自覚しやすくなるためです。

ただし、AGAは遺伝的要因によって早期に発症することもあり、20代前半からも発症することがあります。また、症状が進行するにつれて発症年齢が早くなっている傾向も見られます。

AGAに悩んでいる場合は、専門医に相談し、適切な治療を受けることが重要です。

個人輸入でAGA治療薬を買う危険性

個人輸入でAGA治療薬を購入する場合には、次のような危険性があります。

薬剤の不正品: 個人輸入で購入する際には、正規の医薬品であることを保証できないため、不正品の可能性があります。不正品は効果がないだけでなく、有害な作用を及ぼすこともあります。

薬剤の使用方法: 個人輸入で購入する際には、使用方法や副作用などについての情報が不十分なため、誤った使用方法により、有害な作用を及ぼすこともあります。

まとめ

AGAは進行していく病気です。進行度がすすむと治療の期間や費用はさらにかかっていきます。

発毛+予防のプランを選ぶことで髪の毛が増えていく実感を得ることができますが、予算に都合がつかない場合は手始めに予防プランだけでも始めるようにし、薄毛の進行を止めるのがおすすめです。