MENU

AGA治療で性欲が消える!?薬の副作用を調査してみた。

AGA治療薬の副作用として性欲減退・勃起不全があります。「薄毛は治療したいけど男性機能に影響するのはちょっと。。。」と躊躇してしまうのは無理はありません。

では実際に薬を服用してどれくらいの確率で性欲に影響する副作用が出るのか調査しました。

目次

結論:そこまで恐れなくても大丈夫

AGA治療薬の副作用をそこまで恐れる必要は無い

クリニックが開示している情報を精査した結果、副作用をそこまで恐れる必要は無いという結論に至りました。

処方される治療薬によって症状が出る確率があり、主な治療薬であるプロペシア(フィナステリド)・ザガーロ(デュタステリド)・ミノキシジルをまとめると

性欲減退勃起機能不全
プロペシア(フィナステリド)1.1%0.7%
ザガーロ(デュタステリド)4.3%3.9%
ミノキシジルなしなし
引用元:AGAメディカルケアクリニック

ミノキシジルは性欲に関する副作用はありませんが、軽い立ちくらみやめまい、動悸などの症状が出る場合があります。

副作用を実際に感じる人は全体の0.1%程度でほとんどの人が影響ありません。

副作用が出るかは体質や年齢によるのでもし副作用を感じたら服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

まとめ

AGA治療で性欲に影響する確率は0.1%程度気にしないで大丈夫。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる